持たない暮らし

iPadで日記帳を手放しました〜GoodnotesとPlannerを使う〜

持たない暮らし

おはようございます!身の回りをスッキリさせたい、ゆるミニマリストのみつ豆です。

今回は,手帳やメモ帳が大好きで何冊も持ち運びたいけど,荷物はスッキリと減らしたい人に向けて紹介します。

手帳やメモ帳が大好きで多いときは5〜6冊を持ち歩いてたんです!

日記を書くのも好きで,かれこれ小学生くらいの時から書いています。

「手帳」→ plotter(予定管理,モーニングページ,メモなど)

「日記帳」→ iPad

「読書ノート」→iPad

「ログノート」→iPad

plotter手帳とiPadの2つだけになりました!かなりスッキリ!!

5年日記を愛用していて,「去年はこんなことあったなぁ〜」って思い出すのが楽しいんですね。

でも,日記帳って書いたあとの保管に困るんですよね・・・。

iPadで日記帳や他のノートを手放してみました〜!!

2024年の手帳についてはこちら↓plotterのシステム手帳を愛用してます。

Goodnotesに日記をつける。

5年日記のPDFをGoodnotesで読み込んでいます。

この方法をおすすめする理由は,

○ 日付なしのもので1枚あれば同じページを複製して365日使用できる

○ 写真がすぐに貼り付けできる

○ 色ペンも自由に変えられるのでカラフルになる

○ 日記帳の保管場所を気にすることがなくなる

家族がいると日記帳の保管場所って気を使いますよね!?

iPadに書けば,誰かに見られる心配もありません。

1年間書いたら,データ紛失を防ぐため,PDF化してGoogle driveで保存します。

手書き文字をPDF化できるのがとっても有り難いです。

読書ノートは白紙のページに書く。

以前はA5ノートに読書記録をメモしていました。

書くと考えがまとまるので,思いついたことや気づいたことをメモしながら読んでます。

現在は,手帳にメモをとりながら,最終的に残したいキーワードはGoodnotesの白紙ページに書いています。

この方法をおすすめする理由は,

○ 写真と太ペン,カラーペンの方が記憶に残る!

○ いつでも見返すことができる

○ Goodnotesは手書き文字も検索できる

「あれ?どこに書いたっけ?」・・・・

紙のメモ帳だとあとで見返すときに困るんです・・・。

Good notesだと手書き文字も検索できるので,格段に見返すことが楽になりました。

ログノートはPlannerを活用する。

日々の振り返りにログを取ってます。

もともとは,赤ちゃんが産まれてから授乳時間や寝ていた時間を記録していたんです。

赤ちゃんがミルクを飲まなくなってからも,自分が1日どんな時間の使い方をしたのかが分かると

なんだかスッキリするんです。

現在は「Planner」という手帳アプリを使ってます。

手書きができる手帳アプリなんです!!

マンスリー,ウィークリー,バーチカルもありますが,主に使っているのはデイリーページ。

時間軸を自分の好みで設定できるので,朝活派の私は4時スタートになってます。

左側に過ごした時間を記入したり,右側は写真を貼ったり,考えたことを書いたり・・・。

付箋も自由に貼れるので,手帳として活用してもいいかもしれません!

もっといろいろな使い方を試してみたいところです。

まとめ

iPadで日記帳やメモ帳を大幅に減らすと,次の3つのメリットを感じています。

○ 保管場所に困らない

○ あとで見返すときに検索しやすい

○ 写真やカラーペンがすぐに使えるので記憶に残りやすい

身の回りをスッキリとさせたい私には,iPadはなくてはならないものになっています。

こちらでも紹介しています↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています!クリックで応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるミニマリストへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました