ゆるミニマリストの仕事術

ゆるミニマリストが愛用する手帳『plotter』を紹介

ゆるミニマリストの仕事術

今回は,手帳が大好きな私が愛用しているシステム手帳を紹介します。

ミニマリストの皆さんの持ち物は,とにかく少ない!

手帳もできるだけ身軽にできないかな?

普段は,学校で働き、家事に育児に忙しい毎日な30代です。

できるだけモノを減らして,定時退勤を目指し,家事と育児との両立を図っています。

スマホやiPadも持ち歩くけれど,学校内ではさっとメモを取ることがとても多いんです。

でも,重たい手帳はかさばるので持ちたくない。

そこで,数年前からシステム手帳を使っています。

システム手帳のリフィルを厳選して,身軽に手帳を持ち運べるようになりました。

ミニマリストを目指しているけど、手帳やメモ帳が好きな人の参考になるといいです。

この記事を書いている人⇩

plotterの手帳カバーを紹介

手帳カバーに求める条件は3つ。

1、身軽に持ち運びできるサイズ(大きさ,厚さ)

2、リフィルの入れ替えがしやすい

3、上品なカラー、質感であること

上の3つを叶えてくれる手帳を数年間探し続け、見つけたのは「plotter」。

1番のポイントは、シンプルな作りで薄いこと

システム手帳なのに、厚さがたったの1cm

リングノートに書いている感覚と同じです。

この厚みなら、ガバンに入れても邪魔になりません。

私は、学校で配布されるプリントがほぼA4なので、手帳はA5を使用しています。

サイズ展開も色々あるので、バイブルサイズやミニサイズも使用してみたい!

カラー展開もいろいろありますが、私は「シュリンク」シリーズの「グレー」を使ってます。

それでは、手帳の中身を紹介していきます。

年間・月間スケジュール

手帳の最初のページには、プロッターのマンスリースケジュールのリフィルを入れています。

年間・月間スケジュールの使い方
  • 年間スケジュールには、今年のやりたいことリストを書く
  • 大まかな1年間の予定を書く
  • 月間スケジュールには、予定とその週のTODOを書く

この2つのリフィルは1年間通して、手帳に挟んでおきます。

ウィークリースケジュール

ウィークリーリフィルもあるのですが、仕事上、時間割を中心に生活しているため、

週案とバーチカルスケジュールを組み合わせた自作リフィルを使っています。

メモ用リフィルに印刷して挟んでいます。

こちらは、1学期が終わったら外して別のバインダーに移しています。

ウィークリーページの隣は、メモ用にしていて、

増やしたい時はいつでも増やせるのが便利🎵

家計簿ページ

1ページを4分割して、家計簿ページを手書きで書いています。

いつでもさっと記録できるので、ちょっとの空いた時間に書くことができます。

読書記録ページ

メモをとりながら読書をすることが多いです。

1冊の本から得た学びを3つ〜4つメモしています。

今年読んだ本の傾向や学んだことをメモしておくと、

すぐに学んだことを思い返せます。

WISHリスト

1月に書いたWISHリストも1年間挟んでおきます。

達成したものにはチェックを入れていくのも楽しみの1つです。

メモページ

後半は、無限に増やせるメモページになってます。

残りの枚数を気にせず、打ち合わせや考えたことなど、

ささっとメモを取ることができます。

あると便利なオプション

① リフター

手帳の最初と、最後にリフターを挟んでおくだけで、

なぜかとても書きやすい!!

②ペンホルダー

下敷きの代わりにもなるので、このリフターのページからメモページにしています。

まとめ

メモページが無限に増やせるので、残りを気にせず使うことができます。

3年使用しましたが、まだまだカバーは丈夫で使えます。

カバーにポケットがないのが唯一難点かと思いますが、その分、シンプルな作りで長持ちするのかもしれません。

もう少し小さいバイブルサイズにして、さらに持ち運びが楽にならないか検討中です。

HOME | PLOTTER(プロッター)

コメント

タイトルとURLをコピーしました