リビング住まい

ゆるミニマリスト リビングには何も敷かない

リビング

今回は,ゆるミニマリストな我が家の「何も敷かないリビング」について紹介します。

ゆるミニマリストを目指して,

今年もスッキリとした暮らしを発信していきます!!

家の中をスッキリとシンプルにしていくことで,様々なメリットがあることに気づいてからは,

自分の持ち物はもちろん,職場や家の中を整えることが習慣になっています。

特に年末年始は,絶好の機会でした〜!!

そこで,ついにリビングをさらにスッキリさせるべく,

8年間使用してきたコルクマットをついに外すことにしました〜!!!

ソファーなし,マットやラグなしで,ちゃぶ台のみのリビングが完成しました〜!!

この記事を書いている人⇩

きっかけは無垢材のワックスがけ

年末大掃除のときに、無垢材のワックスがけをしました。

実に5年ぶりにワックスをかけるために,これまで敷いていたコルクマットを一旦すべて外すことにしました。

ワックスを塗ったらピカピカスベスベに〜🎵

ついでにちゃぶ台もワックスを塗りこんでピカピカになりました〜!!

リビングのビフォーアフター

《Before》コルクマットを敷いていたとき。

ほとんど無垢材が見えていません・・・。

《after》無垢材が一面に・・・!!!ワックスをかけてピカピカスベスベ〜!!

コルクマットのメリット・デメリットは,

◯ おもちゃなどの落下で床に傷がつかない

◯ クッション性があるので転んでも怪我をしない

▲ジョイントマットの下は頻繁に掃除ができない

▲細かいゴミや埃が溜まってしまう

小さいお子さんがいる家にはジョイントマットは必須。

子供たちが少し大きくなってきたので,ちょっと試しにマットを外して過ごしてみることにしました。

ちなみに,このコルクマットは大判45cm×45cmでリビングの広い面積を敷き詰めるのに便利でした。

何も敷かないメリット

ついに何も敷かずに1ヶ月過ごしてみました!

◯圧倒的に掃除が楽!すぐに綺麗になる!

◯ 床に物を置かなくなって散らかりにくくなった!

◯ 無垢材の日焼けが気にならなくなった!

◯ 無垢材が全面にあるのでインテリアや飾りが不要に感じる!

現在は,雪国の1月ですが,何も敷かずに過ごしています!

何といっても掃除が圧倒的に楽になりました〜!!!

無垢材の傷防止アイテム

やはり傷がつきやすいテーブルの脚には傷防止フェルトを貼っています。

ハサミで切るだけなので色々な家具に使えて便利です。

ダイニングテーブルの下のマットも外してみました〜!

子供たちがご飯をあまりこぼさなくなったので,思い切ってとってみることに。

ダイニングテーブルとイスの脚には,傷防止のフェルトがついた脚カバーをつけてみました。

シリコンタイプなので椅子を引いても全く取れることがありません。

使用し始めて1ヶ月経ちました〜!!

少々ホコリはつきますが,クッション部分はあまり変わりません。

フェルトシートを貼るより長持ちしそうです!

少し離れるとカバーはほとんど目立ちません。

サイズも色々とあるので,脚の大きさに合わせて使うといいかもしれません。

まとめ

以上が何も敷かなくなった我が家のリビングの紹介でした。

コルクマットは2階の子供部屋に使おうと考えています。

何も敷かなくなったら,掃除がしやすいだけでなく,何だか散らかりにくくなりました。

そして,リビングが広く感じる・・・!!!

しばらくはお試し期間で継続していこうと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています!クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるミニマリストへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました