ゆるミニマリストの家事

ゆるミニマリスト 家事チャレンジ13日目 やめてみて良かった!一人家事をやめる!

ゆるミニマリストの家事

今回は,ゆるミニマリストな私が実践中の「1日1時間チャレンジの振り返り」についてお伝えします。

タイムクリエイトLabの皆さんで,1日1時間家事チャレンジを2週間行っています!

家事チャレンジをする上で「やめたこと」がたくさんあります!

今回、1日1時間チャレンジを進めていくうちに、『一人で家事を早くすること』をやめました!

これまで「家事」だと思っていてことは、実は私一人の思い込み・・・。

自分一人で「効率良く家事をすること」=「時短家事」だと考えていました。

1人でさっとやった方が断然早い!

だから子どもたちの手伝いも素直に喜べないでいました。

この記事を書いている人⇩

ご飯を一人で早く作ることをやめる

ご飯作りを早くして子どもたちを早く寝かせたい〜!

その後、いろいろやりたいこと(仕事が詰まってる〜!)があったんです。

特に、夕方のご飯作りは全く楽しめない・・・。

「◯時にテレビ番組の区切りがいいから、そこまでには食べよう!」

でも、途中で、

「ねぇねぇ、あれとって〜!」

「これどうやるの?」

中断されると本当にイライラしていました・・・。

特に子ども3人いると、話かけられる回数は3倍に(いや3乗?)。

家事時間を計測し始めると・・・

家事時間を計測するようになって、

メニューに迷わないように、

冷蔵庫の整理したり、

下ごしらえをついでにやるようになったら、

夕方の夕食作りに余裕ができました。

話しかけられるついでに、

これやりたい人いるかな?」と頼んでみると、

「やるやる〜!」という人がでてきました。

もちろん、毎日というわけにはいきませんでしたが、

  • ご飯の盛り付け、運び
  • 食器運び
  • お箸並べ
  • お皿の片付け
  • 洗濯物たたみ
  • 仕上げの焼く、煮るなど

今まで自分一人で早くやろうとしていた部分を、「手放す」ということができるようになりました。

結果的に「手放す」ことをやってみると、

私の家事時間が減って、

何より「楽しい!」に変わったんです!

休日の朝ごはん作りは5分に

休日のこの日は、「朝ごはんを自分で作る」をやってもらいました。

  • トーストに好きな具を乗せて焼く
  • コップに飲みたい分だけ牛乳やココアを入れる
  • 果物をお皿にとる

私がやったのは、

  • 卵とウィンナーを焼く
  • 自分のコーヒーを淹れる

5分間になりました!!

まとめ

今日の家事時間の合計タイムは55分でした〜!!

朝ご飯に5分だったので、昼食16分、夕食仕上げに30分をかけることができた!

4分で翌日の朝食準備でした。

片付けや食洗機セット、洗濯系は子どもたちや夫にお任せすることに。

この1日1時間家事チャレンジいよいよ最終日!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています!クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるミニマリストへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました